undefined
FC2ブログ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銀のアンカー【三田紀房】

  • 2008/04/28(月) 19:30:20

銀のアンカー
スーパージャンプ 2008年10号より
三田紀房 著


『地方国立大理系学生は、遊ぶ機会が少ないので実験と座学しかやることがなく、従って科学的素養が自然と身に付いている』
もしそのとおりだという地方国立大理系がいたらわたしのところへ来なさい。

地方は本当に遊ぶ機会が少なかったですか?
遊ぶ場所がなければ家に引きこもってネットやったりゲームやったり、オナニーしたりセックスしたり、暇つぶしの手段はいくらでもあるよね?

そして実験と座学やってりゃ科学的素養が身に付くというのは本当なのかな?
タスク&ルーチンで鍛えられる素養って一部だけじゃないの?

わたしの知人で「あなたが博士課程へ合格したのは実験と座学で鍛えられた科学的素養のおかげですよ」と思っているひとがいたら手を挙げてください。
ああ特に面接担当の教官陣にそういう意見があれば詳しく聞いてみたいな。


これは三田さんの持論なのだろうか?
それとも何かの伏線か?


仮にこのような実態と乖離していると思われる論のもとに現実に企業の採用がなされているとしたら、「ABO血液型」や「(怪しげな)心理テスト」が人事に活用されているとされた時代から何も変わってないね。(現在ももしかしてそうなのだろうか?)

こういうことを考えると
就活って不安以前にバカらしく思える
じゃあこの漫画の意義ってなんだ?


まあわたしはニートなのであまり関係ない話かもしれませんけど。
でも仮にどんな採用基準なら公正かというなら、
今よりちょっと難しい筆記試験を課せばいいと思う。
それでは試験のときだけ詰め込む者を排除できないという批判があるかもしれない。
でも、詰め込みとはいえ課題をこなすために対処行動する者とそうでない者を区別できる。
普段から向学心があり詰め込まなくても試験をクリアできる者はちゃんとふるいの中に入っている。
その上で面接時でさらに問題解決能力を細かく見ればいい。
要は受験と同じシステムだ。
でもそのシステムが日本をダメにしてしまったという意見があるかもしれない。
本当にそうか?
このシステムが上手くいくかどうかは、適切な試験問題を作れるかどうかに依っている。
上手くいかないのはシステムのせいじゃなくて、試験官のせいじゃないの?

自社で適切な試験官を選出できなかったらそれこそヘッドハンティングで他から雇えばいい。

博打みたいなやり方で採用を行うより、効率的で低コストだと思うんだけどな

「心理テスト」はウソでした。 受けたみんなが馬鹿を見た「心理テスト」はウソでした。 受けたみんなが馬鹿を見た
(2005/03/30)
村上 宣寛

商品詳細を見る

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。