undefined

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最も危険な場所【スティーヴン・ハンター】

  • 2009/08/27(木) 11:22:46

最も危険な場所
スティーヴン・ハンター 著
公手成幸 訳
扶桑社ミステリー(2002年)

(2009年8月25日読了)
読むのは2回目。
ちょっと前にドラクエ4をやってたら「グリンガムの鞭」ってのが出てきて、「そういや、ハンターの小説でブルーガムだかグリーンガムだかって黒人差別用語が出てきたな」というのを思い出し、グリンガムという毒々しい響きの語源が気になった。
まずは小説でどういう表現がなされてたか確認の為に読み出したら、面白くて一気に読んでしまった。

実際に書かれてたのは「ブルーガム」、「歯茎の青いクロンボ」という言葉にそうルビがふられ、「あいつらの歯には毒があるから、噛まれると死ぬ」と続き、つまり「あいつらは同じ人間じゃねえ」レベルの酷い差別用語だ。

さっそく俗語にも強い英辞郎を引いてみるも、知りたい意味は見つからず。
blue gumとは一般にユーカリのことだそうだ。確かにユーカリには毒があるな。
英語版Wikipediaでもユーカリのことしか書いてない。
green gumで検索すれば、当然ロッテの例の商品がリストに並ぶ。

はてさて、こういうときはどうやって調べたらいいのだろう?

最も危険な場所〈上〉 (扶桑社ミステリー)最も危険な場所〈上〉 (扶桑社ミステリー)
(2002/05)
スティーヴン ハンター

商品詳細を見る

最も危険な場所〈下〉 (扶桑社ミステリー)最も危険な場所〈下〉 (扶桑社ミステリー)
(2002/05)
スティーヴン ハンター

商品詳細を見る

「「グリンガム」とは北欧神話でラグナロクを告げる雄鶏の名前である」という説を発見。
http://www.dq-8.com/casino.html
何となく本当っぽく感じる。
だけど、大学のとき受けた北欧神話の講義でも、ヴァーグナーの講義でも聴いた憶えがないな。
北欧神話の専門書にあたってみないと。どんな本が良いのだろう?
信州大学の水野コレクションの中に最良の書が確実にあるはずなんだが(↑の講義をしたのは水野先生)、信州大学まで行くのは面倒だなあ。
ギリシャ、ラテン文学だと学術研究に使える優れたデータベースがあることを知ってるんだけど、北欧神話でもそういうのってないだろうか?

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。