undefined

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感性の起源【都甲潔】

  • 2009/08/11(火) 14:38:32

感性の起源
都甲 潔 著
中公新書(2004年)

(2009年8月11日読了)
去年の4月に先生に借りたまま、ずっと読んでなかったのをここ3日くらいで読み片付けた。
ヒトの感覚(sense)について、科学的事実から述べたエッセイ。
著者の教養は広く、内容も興味深い。
特に新しい試みを考察している「第5章 味覚を表現する」、「第6章 嗅覚を表現する」は面白い。
ただ、全体として、個々のエピソードは詳しく書かれているのに、それを繋げるロジックは余り正確ではないように感じた。
生物について述べるとき、縦糸としてもっとも一般的なロジックは「進化」であるが、著者の進化に関する理解は十分でないようだ。
「目的論的理解」「進歩主義(単純(下等)→複雑(高等))」というありがちな誤解があるようだ。
著者は進化学に強い九州大学の出身だが、生物学者ではなく情報工学が専門なので、仕方のないことだし、軽いエッセイとしてみれば許容範囲の不正確さだと思う。
ただし、「感性の起源」というタイトルにしては内容不十分と言わざるを得ないのが残念。
あと、自分化中心主義な傾向があり、東洋、日本、関西の文化への批判精神が薄いと感じた。
例えば下記の文にそれが顕著だ

 かつおぶしや昆布の利用は、海に囲まれたわが国の特権ともいえる。昆布は、水につけてうま味を出し、沸騰直前に取り出す。かつおぶしは、沸騰させた水にさっと煮出すだけで、そのうま味が出る。このようなうま味をいつでもすぐにだし、しかも料理の素材の味を活かすのは、日本料理の神髄ともいえるものである。新鮮な材料の入手が容易な日本ならではの料理法である。
 一方、西洋料理では、ツルゲーネフの『猟人日記』に「料理をおいしくするのは材料の味をいかに変えてしまうかである」とあるように、食品素材の味を変えることによって、複雑でコクのある味を出している。中国でも「足のはえているもので食べられないのは机だけであり、翼のはえているもので食べられないものは飛行機だけである」といわれるとおり、料理とは、食べられないものを食べることができるように加工することと考えられている。その意味において、関西の食は、食材を活かした洗練された食という意味で、日本の食文化の原点である。


各料理への記述はだいたい正しいと思うけど、どれが「洗練された」ものであるかは主観的な、尺度の設定のしかたによる問題だ。
まあ、確かに関西の料理はうまいけど。
九州大学の出身者の話によると、九大の近くではうまいものがたくさん食べられるらしい。街から離れた大学に通う身としては羨ましい話だ。

感性の起源―ヒトはなぜ苦いものが好きになったか (中公新書)感性の起源―ヒトはなぜ苦いものが好きになったか (中公新書)
(2004/11)
都甲 潔

商品詳細を見る
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。