undefined

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

進化論を拒む人々【鵜浦裕】

  • 2008/08/06(水) 17:37:12

進化論を拒む人々現代カリフォルニアの創造論運動
鵜浦 裕 著
勁草書房(1998年)

(2008年08月04日読了)
自分が進化生物学を専門の1つとしていること。メインの博士論文以外に科学と社会についての論文を書かなくてはならないこと。宗教と神、形至上学に昔から興味があること(形至上の思考が得意という訳ではない)。
といった流れで勉強中に勧められた本。

以下メモ

創造論運動
担い手:ファンダメンタリズム(原理主義)のプロテスタント(アメリカ)
関連のある思想:人工中絶廃止、伝統的家族制度の復活

重要人物1:W.J.ブライアン
下院議員から国防長官まで。民主党*
政界引退後、キリスト教ファンダメンタリズムのスポークスマンになる

この書は創造論vs進化論論争の中で表面化した大きな事件(裁判)についてのルポタージュ

1.1920年代の反進化論州法とスコープス裁判
1920年代にオクラホマ、フロリダ、テネシー、ミシシッピー、アーカンソー州でそれぞれ反進化論的な州法が成立。
「バトラー法」:テネシー州1925年3月成立。公立学校で創造説を否定する理論のいっさいを教えてはならない。

スコープス裁判:「生物学教員」ジョン・トーマス・スコープスが授業でヒトの進化にふれて逮捕された。判決は有罪。

反進化論州法は1960年代まで残り続ける。根拠:合衆国憲法修正条項第一条(国家と宗教の分離)。スプートニクショックと関係あり?

クリエショニストの立場
ヤング・アース派:世界は7日で創造された。地球の年齢は約6千年。
ロング・アース派:聖書の時間記述は比喩、または現在と時間の流れ方が異なるとして、地質学的な地球の長い歴史を認める。

2.創造論大学院取り消し
経緯:創造研究所はカリフォルニア州から私立大学の認可を受けて、大学院教育で創造科学を教え、学位を授与していた。州教育長がその認可を取り消す活動を始めた。

重要人物2:ビル・ホーニッグ
州公教育長。スキャンダルによって認可取り消しの裁判は失敗した。
重要人物3:ヘンリー・M・モリス
創造研究所創設者。当時所長。彼の「創造科学は進化学と同程度確かな科学的学説」発言が現在まで影響を与えた。

3.ケニヨン教授追放

重要人物4:ディーン・H・ケニヨン
サンフランシスコ州立大学(カリフォルニア州)教授。担当の生物学入門過程の授業でインテリジェント・デザイン説を教えていた。
インテリジェント・デザイン説提唱者。インテリジェント・デザイン説とは「科学研究の文脈で創造説の信仰告白を「神」という言葉を使わずに行うこと(筆者要約)」。

経緯:1992年、ケニヨン教授に対して、学科から「創造論教育の禁止、担当授業の変更」を命令された。一方的な手続きであったため、最終的に「学問の自由」の見地からケニヨン教授は罷免された。

注意:現在も残る問題として、創造論者や信仰を持つ人物に対して、教育機関で過剰な人事差別が行われている。この事件はその表面化。

4.ヴィスタ教育委員会乗っ取り

経緯:1992年、カリフォルニア州ヴィスタ市教育委員会選挙でファンダメンタリストが過半数議席を獲得。強引な議決で州教育にファンダメンタリズムを導入。2年後リコールによるファンダメンタリスト達の免職で解消された。

注意:ファンダメンタリストは目的(公教育への宗教の導入。および現状の進化生物学教育と性教育の廃止)を秘匿して当選した(ステルス・アタック戦術)。科学をターゲットとする代わりに、英語、社会の授業に創造論を持ち込むことで成功した。

当時のファンダメンタリストが公教育へ宗教を導入しようとした根拠

六〇年代に宗教が学校から追放されてから、少年犯罪が急増した
(1993年1月21日教育委員会全体会議)


犯罪の急増は事実か?(犯罪の増加が人口増加にリニアならふつう増えているとは言えない)

委員会方針第六〇一九号「科学の教え方について」

A いかなる科学理論もドグマとして教えられるべきではない。いかなる生徒もカリキュラムで提示される理論を強制的に信じ込ませられたり、うけいれさせられてはならない。ドグマとは科学的なテストや反論を受けない信仰体系をさす。
B 科学的な探究心と対話を促進するために、科学の時間には理論に挑戦する科学的証拠が提示されるべきである。
C 神の創造、究極の目的、あるいは究極の原因(The Why)の議論は歴史・社会科学そして/または英語のカリキュラムの適切な時期にふくめられるべきである。


明らかに、創造科学はA、Bに耐えられないが、A、Bを根拠に進化教育を攻撃できる。
生物学教員は反論のために最高レベルの生物学知識を求められるようになる。
cf.教員組合がリコール活動の中心だった。


この書の最後3行に次のようにある

しかしこの問題はあと一度や二度の大裁判でかたづくものだろうか。「もうかたづいた」と言い切るスティーブン・J・グールドとは対照的に、「あと二〇〇年はかかる」とおいう全国科学教育センターの創始者スタンリー・ワインバーグの言葉がいつまでも私の耳に響いている。


実際、アメリカ進化学会では現在も創造論の侵略に警戒し、学会で生物学教育について議論されているそうである。最近は地下活動的に日本にも創造論が入って来ているらしいと聞く。

進化論を拒む人々―現代カリフォルニアの創造論運動進化論を拒む人々―現代カリフォルニアの創造論運動
(1998/11)
鵜浦 裕

商品詳細を見る
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

創造説を克服するには科学とは何かの説明がいる

 創造説を克服するには、これを否定し抑圧するのではなくて、科学とはいかなるものかについて、現在の疑似科学!段階を克服する必要がある、と理解しています。
 現在の科学は、自然法則とは何か、自然法則の働き方の原理は? エネルギーとは何か、自然法則とエネルギーとの関係はどうなっているのかといった基礎的なことさへ説明しないでいます。
 この結果が、インチキな量子論や多世界解釈という珍説を生み出しています。
 だから、創造説を、現在の科学はまったく笑えません。
 一般法則論

  • 投稿者: 一般法則論者
  • 2008/08/07(木) 18:24:32
  • [編集]

>一般法則論者さん
おっしゃる通りで、あなたの挙げられた例にさらに踏み込んで、科学とは何か、科学とはどういう手続きで成り立つ営みか、正しい科学的態度とはどんなものか、という考察が特に日本では高等教育から抜け落ちてます。
おまけに生物進化を科学的に理解している識者が少ないので、エントリにも書いたように「創造論と進化論は同程度対等な科学的仮説」という言説が支持されたり、「知性のあるものが手を加えたとしか考えられない(インテリジェント・デザイン説)」という思考放棄が野放しにされてしまうのだと私は考えています。

  • 投稿者: nal
  • 2008/08/11(月) 23:10:19
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。